2018年09月08日

浮気と不倫、パートナーの裏切り

浮気と不倫/パートナーの裏切り


このページをご覧になっているという事は、恋人の浮気・パートナーの不倫は一時の気の迷いのような火遊びのような性質ではなく、相手にかなり本気になっているようなケースだと思います。


なんとか浮気・不倫をやめさせたいと様々な行動、解決法を試したのではないでしょうか


しかしパートナーは浮気・不倫をやめる気配すらなく、心身共に疲れ切ってしまっているかと思います


焦ってしまったり精神的に追い詰められてしまい、感情のままに「こんなにあなたの事が好きなのに」と必死に訴えたり、「子供に恥ずかしくないのか」と理詰めで責めてしまった事はないでしょうか


結果


しかしながら男女の関係は感情で成立するものですので、上記のような行動に出てしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし、あなたのパートナーには浮気をしている、不倫をしているとの負い目がありますので、正論をぶつけられると逃げ場がなくなり、あなたと一緒にいる時間が居心地の悪いものになってしまいます

より一層あなたから気持ちが離れてしまうでしょう


理想的な解決方法


あなたのパートナーは浮気相手、不倫相手の良いところしか見えていませんので、感情的にまたは冷静に逃げ場のない責めをするあなたからはどんどん気持ちが離れていってしまっています


あなたから離れてしまった気持ちを戻しつつ浮気、不倫をやめさせるにはどうすればよいのでしょうか

以下のサイトが参考になれば幸いです


誰にも知られずに浮気・不倫をやめさせる方法



浮気・不倫相手をヤツザキにする簡単な方法
人型漆黒紙作成委員会 公式ブログ『恋壊の業』




posted by 黒魔術師 at 10:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

あなたに非は全くない

恨みを晴らす復讐の方法 


名前を書くと死ぬとされる紙〜人型漆黒紙




あのとき死ねば良かったんだ馬鹿


お酒の席でこう言われたら、あなたならどうしますか?


クズのような人間は存在する


相手はあなたより立場が上です


何か意見しようものなら「うるせえよ、死ねよ」と言い放ち、「死ね」「殺す」とメールまで送ってきます相手は救いようのないクズですが、これは実際にあったパワハラ事件です


あなたに非はない


どんなに真面目に働いていても、あなたに全く非が無くとも、被害にあうのがパワハラの特徴です


何故なら加害者は立場の弱い人間をいたぶるのが楽しくて仕方ないクズのような人間だからです


あなたがまさに今パワハラを受けているなら、我慢して嵐が過ぎ去るのを待つように耐えていても解決は難しいでしょう


以下のサイトがあなたの助けになれば幸いです

恨みを晴らす復讐の方法



浮気・不倫相手をヤツザキにする簡単な方法
人型漆黒紙作成委員会 公式ブログ『恋壊の業』



posted by 黒魔術師 at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

恨みの歴史-紀元前のアテネで刻まれていた呪いの言葉

恨みを晴らす復讐の方法 

名前を書くと死ぬとされる紙〜人型漆黒紙




恨みを晴らそうとする行為がいかに古く、そして身近に存在しているかがわかる記事がありました



女性の墓の中に入っていたという呪いの言葉が刻まれた鉛板

ファナゴラとデメトリオス、その居酒屋や土地、財産に至るまで、汝が憎しみを向けよ。総ての死者をもって、我が怨敵デメトリオスとファナゴラを血と灰に縛りつけんことを…デメトリオスよ、かくなる辛苦に汝があらん限りに固く縛りつけられんことを。我は汝が舌に”kynotos”を打ち付けん



恨みを晴らす呪いの言葉はこう記されていたそうです



対象者のファナゴラとデメトリオスがどうなったのかはわかりません

しかしこれだけの強い恨みの力を受け、はたして無事だったのでしょうか



さらに興味深い事があります



恨みを晴らす言葉が刻まれた鉛板が入っていた墓の女性、彼女は無関係だったのです

呪いの力を強めるために井戸が使われるのが一般的だった古代のギリシャ



恨みを晴らそうとした本人か、呪いを請け負った術者が手近にあったこの墓をたまたま利用したという事です



恨みを晴らす方法は現代でも多数存在しますが、それだけ日常と密接な関係にあるということでしょう



あなたが恨みを晴らしたい人間、復讐したい人間がいるのなら以下のサイトが参考になれば幸いです



恨みを晴らす復讐の方法




浮気・不倫相手をヤツザキにする簡単な方法
人型漆黒紙作成委員会 公式ブログ『恋壊の業』




posted by 黒魔術師 at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ